買取後の車はどうなる

車の模型と電卓

大きな事故に遭った車は廃車にするのが一般的でしたが、近年は事故車専門買取店も増えてきました。買取店と売買契約を結び、引き取りされた事故車がどうなるのかと言うと、国内では故障した部分を修理してから中古車として転売されます。事故のダメージが大きい場合はパーツごとにばらし、使えるところを転売します。または、パーツを寄せ集めて組み立てる再生車なるものもあり、事故車の活用方法は様々です。転売される市場は、国内に限りません。日本車は世界で需要があり、たとえ年式が古い車であっても発展途上国では人気です。特に世界的に有名な日本の自動車メーカー製であれば、事故車でも気にしないという人は少なくありません。このように、買取店では幅広い転売先を持っているので、不動車であっても引き取り可能としている店も珍しくありません。鉄くずもお金にできるため、手数料を払って廃車にするくらいなら、まずは相談してみると良いです。多くの買取店は売買契約後に名義変更や廃車手続きなどを代行してくれるので、煩雑な手続きも省けます。後に自動車税などの還付金が振り込まれます。査定をお願いしても出張費がかかることはなく、引き取り時のレッカー代も無料のことが多いです。基本的に自分自身でお金を払うことはないので安心です。大手の買取店では、24時間対応のコールセンターを設置しています。不明点があれば問い合わせるといいでしょう。

売却時の注意点

廃車

中古車を買い取る買取店は実に多くあり、身近な存在と言えます。しかし、事故車の引き取りは受け付けていない場合は珍しくなく、査定を依頼した際に「値段が付けられない」、「廃車手数料が必要」と言われるケースも見られます。軽度の事故であれば事故車とはならないので、中古車買取店でも構いませんが、重度の事故に遭っている場合は事故車専門買取店を選んでください。重度の事故とは、車のフレームまでダメージを負うほどの事故です。

買取店ごとの特徴

廃車

事故車の引き取りを行っている買取店は、大きく分けて3種類あります。一つは、自動車解体工場を持っている業者です。中間マージンがないために車種によっては高額査定、ひどい状態の車でも鉄くずがお金になるので買い取れる、といったメリットが挙げられます。買取だけに特化した買取店は、修理して中古車として転売できる状態の車に強く、解体しかないひどい状態の車には強くない傾向にあります。また、実店舗を持たないインターネット専門買取店は自社運営でないことが多いため、中間マージンが発生する確率が高いです。

広告募集中